【ダイエット】おやつは和菓子かフルーツがオススメです

『ダイエット中だけどおやつが食べたいなあ…』

『ポテチやチョコが恋しい…』

 

こんな悩み、ダイエット経験者なら誰でも感じますよね?

確かにダイエット中はどうしてもおやつを我慢することになります。

それでも、どうしてもおやつを食べたくなってしまうことはありますよね。

 

このまま我慢し続けるのも良いですが、ストレスが溜まっていつか欲求が爆発してしまいかねません。

そうすれば簡単にリバウンドしてしまいます。

 

この記事を読めば、ダイエット中でも食べられるおやつがわかります。

『甘いものが食べたいのに食べられない』

こんなストレスからはもう解放されましょう!

 

この記事の内容
  • ダイエット中のおやつは和菓子かフルーツがオススメです
  • しょっぱい系であればおつまみがオススメです
  • プロテイン系のおやつは高タンパク・低脂質なので試してみてください
ダイエットの記事一覧

 

ストレスを抱えながらのダイエットはやはり長続きしません。

リバウンドしない長期的なダイエットをするのであれば、甘いものも適度に摂ってストレスを無くしていくことが大切です。

 




 

ダイエット中のおやつは和菓子かフルーツがオススメです

ダイエット中のおやつは和菓子かフルーツをオススメします。

 

  • 和菓子・フルーツは脂質が少ないです
  • 糖質量はそこまで気にする必要はありません
  • 洋菓子全般は脂質が多いです

 

和菓子・フルーツは脂質が少ないです

実は和菓子には脂質がほぼ含まれていません。

フルーツも同じくです。

 

  • 焼く和菓子は生地を焼くときに少し油を使います
  • フルーツはなるべく水分の多いものを選びましょう

 

どら焼きなどの焼き和菓子は、生地を焼くときに若干油を使います。

そこまで大量には使いませんが、気になる方は注意しましょう。

 

またフルーツはなるべく水分が多いものの方がカロリーが低くなります。

バナナよりもオレンジの方がカロリーが低いというわけです。

 

糖質量はそこまで気にする必要はありません

実はおやつを食べるにあたり、糖質の量はそこまで気にする必要はありません。

 

  • PFCバランス的に、もともと糖質はある程度の量食べても問題ありません
  • 筋トレなどのエネルギーになります

 

理想のPFCバランスは炭水化物が多めですので、甘いものを食べたからと言って簡単にはオーバーしません。

自分の1日のPFCバランスの中に収まるような量で調整しましょう。

それよりも気をつけるべきは脂質です。

 

また糖質は筋トレのエネルギー源です。

『甘いものを食べすぎたな』という日は筋トレをしてしっかり消費しましょう。

 

 

洋菓子全般は脂質が多いです

洋菓子は糖質以上に脂質がとても多いので注意が必要です。

 

  • 生クリーム
  • カスタードクリーム
  • チョコレート
  • 生地に含まれるバター

 

これらはかなりの脂質が含まれています。

鍛えている男性の私でさえ、コンビニスイーツ1つ食べただけで1日の摂取量をオーバーすることもあるくらいです。

 

暑い時期アイスクリームを食べるときはなるべく氷系のアイスを選べばかなりの脂質を防げます。

 

コンビニアイスのカロリーまとめ!定番アイスで最もカロリーが高いのは?


しょっぱい系であればおつまみがオススメです

ときにはポテチなどのしょっぱいおやつも恋しくなるでしょう。

そんなときは、お酒のおつまみになる乾物がオススです。

 

  • 高タンパク・低脂質です
  • 自然由来の材料のため、体に良いです
  • サラミは高脂質なのでNGです

 

基本的な乾物は高タンパク・低脂質で非常にオススメです。

あたりめ・鮭とば・ホタテ貝柱・ビーフジャーキーなどどれも良いですね!

 

ただしサラミだけは実は超高脂質です。

サラミは加工食品なので当然なのですが、ジャンルが一緒なので注意しましょう。

 

プロテイン系のおやつは高タンパク・低脂質なので試してみてください

筋トレしている方向けのプロテイン系のおやつですが、ダイエッターにも最適です。

今ではコンビニでも買えますのでとても便利ですよ!

 

  • プロテインバー
  • ヨーグルト
  • もっと多くの種類が欲しければiHerbで

 

プロテインバー

プロテインおやつの定番が、このプロテインバーです。

コンビニでの取り扱いも多く、片手でスナック感覚で食べられるのが特徴です。

 

コンビニでは一本満足inバー プロテインSIXPACK シックスパックなどを買うことができます。

味も美味しくどれも食べやすいので、ランチ後のおやつはこれで決まりです。

 

ヨーグルト

プロテインバーについでメジャーになったのがヨーグルトタイプのプロテインおやつです。

代表的なものではオイコスがあります。

 

ヨーグルトは朝食にも食べやすいので、家にストックして朝食にすると一石二鳥です。

 

もっと多くの種類が欲しければiHerbで

プロテイン系のおやつを食べるのがルーティーンになってくると、こんな風に感じたことはありませんか?

『毎回コンビニで買うのは意外と高いんだよなぁ…』

『コンビニで買えるものだけだと飽きてきたなぁ…』

価格や品揃えはモチベーションにも直結するので、なるべく解決したいところですよね。

このままだとお金がなくなったり、嫌々食べるようになったりしてしまいます。

 

同じように考えた私は、調べた限り最も品揃えが豊富で愛用者も多いiHerbでまとめ買いをするようになりました。

iHerbの公式HPを見る

 

今では家にプロテインクリスプをストックしていて、おやつがわりに食べています。

1本あたりプロテイン22g、脂質7gという優れもので味も美味しいです。

その他にもクッキーチップスパンケーキを気分によって購入しています。

 

またiHerbはプロテイン系以外に健康に配慮したオーガニック系の食品・スナックも多く取り扱っています。

ポテトではなく豆から作ったスナック、赤ん坊向けのホットシリアルなども売っています。

 

他にも美容系の商品やサプリメントなどとにかく品揃えが豊富です。

ここでしか見ないようなものも多く、普段使っている何気ないものをより健康的なものに替えるきっかけになりますよ。

  • 購入時にはクーポンコード「BHG9681」と入力すると5%引きになります

 

【ダイエット】プロテインは飲むタンパク質!ダイエットに必須です

 

まとめ:ダイエット中でも食べられるおやつを選び、ストレスなく続ける

ダイエット中だからと言って我慢しすぎていませんか?

今までの努力が無駄になってしまうのが怖くてとにかく我慢をしてしまう気持ちはよくわかります。

 

しかし、無理のあるダイエットは必ずどこかにツケが回ってきます。

今回紹介したのは一例ですが、適度に許容範囲を持って行うことがダイエット長続きの秘訣です。

そして続ければダイエットは必ず成功します。

 

今だけでなくこの先の人生ずっと痩せていたければ、無理をしすぎない適度なダイエットを心がけましょう。

 

 




-ダイエット, ボディメイク

Copyright© ほげりん日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。