オリジン弁当で体づくり向きのメニュー!カロリーを気にする方へ紹介




 

オリジン弁当といえば、お弁当業界でもトップのシェアを誇る人気店です。

 

お手頃価格で作り立てのお弁当を提供してくれる嬉しいお店で、ダイエット向きなメニューをご紹介します。

 

せっかくの美味しいお弁当ですから、ヘルシーで体にも美味しくいただけるようにしましょう♪

 




 

オリジン弁当の特徴

オリジン弁当といえばお弁当はもちろん、「KITCHENオリジン」という別ブランドを立ち上げておかずを販売しているほど、メニューに力を入れています。

 

むしろお弁当はどれも揚げ物やハンバーグが入っていて高カロリー目なものが多かったので、今回はおかずを多めにご紹介させていただきます。

 

 

オリジン弁当で体づくりにオススメのメニュー

それでは実際にオリジン弁当のメニューの中からオススメのメニューを見てみましょう。

 

ちなみにオリジン弁当は関東と関西でメニューが異なるので、今回は関東のメニューでご紹介させていただきます。

 

出典・画像参照:オリジン弁当公式HP(https://www.toshu.co.jp/origin_bento/area_east/list.html?anchor=menuListBox)

 


このサイトを見る

 

オリジン弁当のオススメメニュー①:天然銀鮭のり弁当

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
天然銀鮭のり弁当 523 Kcal 16.8 g 9.4 g 89 g 3.3 g

 

カロリーも低めなこちらのお弁当。

 

鮭とちくわのタンパク質に加え、鮭の脂質が摂れるのもいいところです。

 

野菜が少し物足りないですので、サラダと一緒に食べると良いでしょう。

 

 

オリジン弁当のオススメメニュー②:炙り鶏の親子丼

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
炙り鶏の親子丼 672 Kcal 27.8 g 19.8 g 89.3 g 3.2 g

 

続いてはHottoMottoの際にもオススメさせていただいた、親子丼です。

 

 

鶏肉と卵が一緒に取れるのはやはり魅力的です。

 

脂質がやや高めですが、気になる方は鶏肉の皮を剥がすだけでグッと脂質を抑えられます。

 




 

オリジン弁当のオススメメニュー③:贅沢なおにぎり 鮭

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
贅沢なおにぎり 鮭 384 Kcal 13.4 g 2 g 76.1 g 1.9 g

 

鮭おにぎりは以前からオススメしていますが、この贅沢おにぎりシリーズは素晴らしいです。

 

オススメのおにぎりについてはこちら

 

お値段が200円以上と少し高額ですが、タンパク質が一つあたりでなんと13gも摂れます。

 

もちろん余計な脂質もないので、ヘルシーかつガツンと行ける一品です。

 

 

オリジン弁当のオススメメニュー④:レバニラ

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
レバニラ 134 Kcal 9.1 g 6.1 g 11.1 g 2.1 g

 

ここからお惣菜ゾーンに入ります。

 

一品目はレバニラ。

 

片栗粉も使っていてかつ油で炒めているのでそこまで低カロリーというわけでもないのですが、お肉と野菜を同時に取れることを考えるとオススメできます。

 

レバーは非常に脂質の少ないお肉で鉄分も豊富なので体にも良いです。

 

 

オリジン弁当のオススメメニュー⑤:豚と大根と玉子の煮物

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
豚と大根と玉子の煮物 159 Kcal 9.7 g 9.3 g 7.9 g 1.4 g

 

お肉と大根と卵が摂れるのでオススメのこちらの煮物。

 

豚肉なので若干脂質多めですが、栄養バランス的にもおかずとしてオススメできる一品です。

 

 

オリジン弁当のオススメメニュー⑥:イカと大根の煮物

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
イカと大根の煮物 64 Kcal 3.3 g 0.1 g 12.5 g 1.4 g

 

同じく煮物から、イカと大根の煮物。

 

豚肉と違ってイカにはほとんど脂質はないので、トータルでも脂質0.1gとかなりヘルシーな一品です。

 

 

オリジン弁当のオススメメニュー⑦:蒸し鶏と豆腐のチョレギサラダ

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
蒸し鶏と豆腐のチョレギサラダ 82 Kcal 6.9 g 3.8 g 5.3 g 1.8 g

 

名前からしてヘルシーですが、栄養素的にもオススメの一品です。

 

「蒸し」は加熱の過程で油を使わないのでとてもヘルシーで、かつ豆腐も一緒に食べられます。

 

もちろんサラダなので食物繊維も豊富ですので、お弁当+このサラダを食べておけば十分な栄養が摂れるでしょう。

 




 

オリジン弁当のオススメメニュー⑧:小ねぎと蒸し鶏のサラダ

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
小ねぎと蒸し鶏のサラダ 53 Kcal 4.9 g 2.1 g 4.2 g 1.4 g

 

同じく蒸し鶏を使用したサラダです。

 

炒めている分やや脂質がありますが、トータルでみて非常に優秀なサラダです。

 

 

オリジン弁当のオススメメニュー⑨:トマトと赤かいわれ大根のツナパスタサラダ

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
トマトと赤かいわれ大根のツナパスタサラダ 119 Kcal 4.5 g 4 g 16.4 g 1.2 g

 

ちょっと珍しいパスタサラダ。

 

サラダとして食べるのはオススメできませんが、お弁当の代わりとして食べるならばいいと思います。

 

ツナには魚の脂質も含まれているため、もう一品しっかり目のおかずと併せて食べるようにしましょう。

 


このサイトを見る

 

オリジン弁当で避けるべきメニュー

次に、カロリー面からみて避けるべきメニューの紹介です。

 

オリジン弁当で避けるべきメニュー①:揚げ物系

今回に限った話ではなく、やはり揚げ物が入ると全体のカロリーが急に高くなります。

 

体づくり中の方は揚げ物は避けた方が良いでしょう。

 




 

オリジン弁当で避けるべきメニュー②:カレー系

これもHottoMottoの時にもお話ししましたが、カレーはカロリーの塊です。

 

体づくり中の方は極力避けた方がいいでしょう。

 

 

オリジン弁当で避けるべきメニュー③:海老とブロッコリーのサラダ

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
海老とブロッコリーのサラダ 253 Kcal 11.2 g 21.5 g 2.4 g 0.9 g

 

ネーミング的にとてもヘルシーそうなサラダです。

 

タンパク質も多く栄養も豊富で素晴らしいのですが、見ての通りマヨネーズを大量に使用しています。

 

脂質がトータル21.5gもあるので、サラダとして食べるにはあまりに高カロリーです。

 

 

オリジン弁当で避けるべきメニュー④:アスパラたまごサラダ

メニュー 熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
アスパラたまごサラダ 257 Kcal 7.9 g 23.1 g 2.7 g 1.1 g

 

上のえびとブロッコリーのサラダ同様、マヨネーズの使用により高脂質になっています。

 

卵も摂れていいのですが、やはりサラダとして食べるには高カロリーすぎます。

 

注意ポイント

マヨネーズを使うだけでものすごくカロリーが上がってしまうということは覚えておきましょう

 




 

まとめ:オリジン弁当は惣菜が優秀なので、お弁当と組み合わせて楽しむべし

オリジン弁当はお弁当よりもお惣菜に力を入れているのかも…?というくらい、お惣菜が充実しています。

 

お弁当はどちらかというと揚げ物を使った高カロリーなものが多いので、お弁当一品で済まそうとせずにお惣菜と組み合わせてバランスを整えるのが良さそうです。

 

ぜひ今度オリジン弁当に行ったときには見てみて下さいね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

 




-お弁当, ダイエット, 飲食店のカロリー

Copyright© ほげりん日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。