カレーのカロリーは高すぎる!?工夫次第で低カロリーに大変身!




 

日本人でカレーが嫌いな人ってほとんど見かけないですよね。

 

でも実は、カレーって結構高カロリーだって知っていましたか?

 

市販のルーを使って作るのが一般的なのであまり知られていませんが、カレーのルーには実は相当のカロリーが詰まっています。

 

今回はそんなカレーを徹底解剖していきます♪

 

 

カレーのカロリー

カレーといえば、お米・うどん・蕎麦・ラーメン何と組み合わせても美味しくなるスーパー食品です。

 

子供から大人、また女性から男性までまさに老若男女に愛されているカレーですが、実はダイエットを始めると彼の裏の顔に気がつきます。

 

カレーのカロリー:ハウスバーモントカレーを例に

エネルギー(kcal たんぱく質    炭水化物
ハウス バーモントカレー 中辛 1皿分 19.2g 102 1.3 7.3 7.8
ハウス バーモントカレー 甘口 1皿分 19.2g 101 1.1 6.9 8.4

出典:ハウス食品公式HP(https://housefoods.jp/products/catalog/cat_1,curry,roux,vmt.html)

 

一杯あたり100kcal前後なのでそこまでカロリーが高くないと感じますが、これはあくまでもルーのみのカロリーです。

 

カレーを食べる時には基本で玉ねぎ・じゃがいも・にんじん・豚肉を入れるかと思いますので、これらのカロリーがプラスされます。

 

また玉ねぎ・お肉を炒める際にはを使い、出来上がったものをご飯にかけて食べますよね。

 

さらにトッピングで唐揚げカツチーズを乗せるのも珍しくありません。

 

この全てのカロリーが入っていると思うと、非常に恐ろしいですよね…。

 

ポイント

カレーはルーもそこそこですが、具材やトッピング、さらにご飯を合わせて高カロリーに変身するんです。

 


 

カレーとシチュー・ビーフシチューのカロリーを比較

カレーはルー単体であればそこまで超高カロリーでもないということがわかりました。

 

それでは、シチューやビーフシチューと比較するとどうなんでしょうか?

 

イメージではシチューの方が粉っぽいイメージがありますが…?

 

シチュー・ビーフシチューのカロリー:ハウス食品の商品を例に

エネルギー(kcal たんぱく質    炭水化物
ハウス 北海道シチュー 1皿分 18g   93 1.3 6.2 8
ハウス ビーフシチュー 1皿分 21.3g 117 1.3 8.6 8.6

出典:ハウス食品公式HP(https://housefoods.jp/products/catalog/cat_1,curry,roux,vmt.html)

 

ホワイトシチューはややカレーよりも低カロリーですが、ビーフシチューがまさかのカロリートップでした。

 

特に脂質が目立って高いようです、カレー同様あくまでもルーのみの話ですが覚えておきましょう。

 

ただシチューとカレーとは具材が異なりますので、トータルで見たらやっぱりカレーの方がカロリーが高そうです。

 

 

カレーを少しでもヘルシーに食べるには?



 とはいえカレーって美味しいですし、突発的に食べたくなることはあります。

 

そこで今回は、カレーを比較的ヘルシーに食べられるような工夫をいくつかご紹介します。

 

カレーをヘルシーに食べる工夫①:白米を玄米などに変える

出典:https://www.hokusen.co.jp/blog/blog-entry-49.html

 

一番手っ取り早いのはお米を白米→玄米や雑穀米に変えてしまうことです。

 

ご存知の方も多いと思いますが、玄米や雑穀米はGI値が白米よりも低いのでヘルシーです。

 

カレーのルーや具材はそのままですので、ほぼそのままのカレーを食べることができます。

 

 

 

カレーをヘルシーに食べる工夫②:お肉を鶏肉などに変える

お米以外には、具材を工夫することも可能です。

 

普通カレーのお肉と言えば豚肉が主流ですが、脂質が多くカロリーも高いので例えば鶏肉などにするのもオススメです。

 

鶏肉にする際には皮を入れないようにするとさらにヘルシーになります。

 

また豚肉で行くのであれば、少しお値段が張りますがヒレ肉は脂質が少なくオススメです。

 

カレーの具材で脂質があるのはお肉だけですので、お肉をどう工夫するかでカレー全体のカロリーに大きく関わってきます。

 

 

カレーをヘルシーに食べる工夫③:じゃがいもを抜く

お肉以外にも、実はじゃがいもも結構厄介です。

 

じゃがいもはカロリーこそそこまで高くないですが、何と言ってもGI値が高いです。

 

 

例えばお米を玄米にしてGI値を下げられても結局じゃがいもで血糖値が上がってしまいますので、抜くか別の野菜に置き換えるなど工夫をしてみるのもアリです。

 

ポイント

豆類に置き換えると、タンパク源にもなりGI値も下がるのでオススメですよ!

 

 

ヘルシーなカレーが食べられるお店:もうやんカレー

これらの工夫は家で作る場合にはいくらでもできますが、外でカレーを食べる場合にはできません。

 

そこで「健康カレー」を全面に押し出しているオススメのカレー屋さんをご紹介させていただきます。

 

もうやんカレー

もうやんカレーの公式HPを見る

 

簡単に説明すると、もうやんカレーのルーは薬膳と野菜をじっくり時間をかけて煮込んで作ったもので、何とグルテンフリーの小麦不使用です。

 

一杯食べるとサラダ一皿分と同じ量の野菜が摂れるほど、野菜の栄養も存分に摂取できます。

 

さらにもうやんカレー最大の魅力はそのコストパフォーマンスの高さです。

 

こんなこだわりのカレーとサラダバーが食べ放題で何と1,300円!

 

ただし食べ放題のブッフェは全店でやっているわけではありませんので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

食べ放題には野菜や茹で卵・お肉もあるので、自分の好きな栄養で満腹になることができます。

 

コスパ・栄養だけでなく味もめちゃくちゃ美味しいのでぜひお近くの方は行かれてみてください。

 

またお近くにないけれども試してみたいという方、レトルト・ルーのみの販売もしておりますのでお試しください。

 

Amazonの商品ページを見る

 

Amazonで商品ページを見る

 

 

まとめ:カレーは工夫次第でヘルシーに食べられる

カレーは一般的には高カロリーですが、工夫次第で比較的ヘルシーに食べることができます。

 

少しアレンジしてもしっかり美味しいのがカレーのいいところでもありますもんね。

 

気になった方はぜひヘルシーで美味しい、オリジナルのカレーを創作してみてはいかがでしょうか。

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

 




-カロリー調査, ダイエット

Copyright© ほげりん日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。