サーティワンのカロリー一覧!低カロリー・高カロリーTOP5の紹介




 

アイスといえばサーティワン。毎月31日のキャンペーンなどで学生から大人まで多くの方に愛されているサーティワンアイスクリームです。

 

そんなサーティワンのアイスクリームのカロリー一覧とカロリーの低い・高いTOP5をそれぞれ紹介します。

 

皆様がいつも食べているアイスはどのくらいのカロリーでしょうか?ぜひご覧ください♪

 

ちなみに私はロッキーロードが大好きです。

 




 

サーティワンの特徴

サーティワンアイスクリームといえばアイスクリーム専門店の先駆け的な存在で、今でも学生を中心に特に夏になると賑わっています。

 

様々なフレーバーがあるので好きなアイスを見つけるのが楽しいのに加え、期間限定や31日限定のフェアもよくやっているのも人気の秘訣です。

 

値段もお手頃ですが、コンビニでアイスを買うより少し贅沢をしたいときにちょうど良く、よく高級アイスのハーゲンダッツと比較をされている印象です。

 


このサイトを見る

 

サーティワンアイスのカロリー一覧

サーティワンはとにかくフレーバーが多く組み合わせも自由なので、まずはそれぞれのフレーバーのカロリーを紹介していきます。

 

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
バニラ 147 231 294 105
ポッピングシャワー 165 259 330 118
ラブポーションサーティワン 160 251 320 114
ジャモカコーヒー 135 213 271 97
抹茶 150 236 301 107
ストロベリーチーズケーキ 155 244 310 111
チョコレート 154 242 308 110
キャラメルリボン 154 242 308 110
マスクメロン 135 212 270 96
チョップドチョコレート 175 275 350 125
ラムレーズン 143 225 287 102
バナナアンドストロベリー 140 220 280 100
ジャモカアーモンドファッジ 168 264 336 120
チョコレートミント 154 242 308 110
ナッツトゥユー 168 265 337 120
大納言あずき 159 250 319 114
クッキーアンドクリーム 175 275 350 125
オレンジソルベ 109 170 219 78
ベリーベリーストロベリー 126 199 253 90
ロッキーロード® 175 275 350 125
レモンシャーベット 129 201 259 92

出典・画像参照:サーティワンアイスクリーム公式HP(https://www.31ice.co.jp/contents/calorieallergy/index.html)

 

レギュラー1つだとおよそ200〜300kcalだとわかります。

 

ちなみにコンビニアイスの定番「スーパーカップ」のチョコレート味のカロリーはこのような感じです。

エネルギー
たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
298kcal 4.8g 15.3g 35.2g 0.27g

出典:明治公式HP(https://www.meiji.co.jp/products/icecream/4902705125315.html)

 

コンビニアイスと比較しても、レギュラー1つであればむしろカロリーが低いことがわかりますね。

 

ただしサーティワンに行くと2つ頼むことも多いですよね。

 

2つ頼んだ場合、スモールだと300〜400kcal、レギュラーだと400〜600kcalとかなり高カロリーになってしまう場合もあるので、2つの内1つはカロリー低めなものを選ぶなどするといいでしょう。

 

 

サーティワンの低カロリーTOP5の紹介

それではこれらの中からカロリーの低いTOP5を見てみましょう。

 



サーティワンでカロリーが低いアイス第5位:ジャモカコーヒー

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
ジャモカコーヒー 135 213 271 97

 

コーヒーで作ったジャモカコーヒーが第5位にランクイン。

 

シンプルな「チョコレート」に比べて30kcalほど低いので、コーヒーから作っている分ヘルシーに仕上がっていることがわかります。

 

ジャモカコーヒーのレギュラーサイズ1つあたりの成分はこのようになっています。

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
3 9 25 0.2

 

先ほどのスーパーカップと比べても、脂質が比較的低めに抑えられていることがわかります。

 

 

サーティワンでカロリーが低いアイス第4位:マスクメロン

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
マスクメロン 135 212 270 96

 

低カロリー部門第4位はマスクメロン。

 

フルーツ系のフレーバーはクリームの使用量も控えめでカロリーが低そうです。

 

レギュラー1つあたりの成分はこのようになっています。

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
3 9 24 0.2

 

ジャモカコーヒーと比べて炭水化物が1g少ないので、フルーツ系のフレーバーは脂質に加えて甘さも控えめなことがわかります。

 

 

サーティワンでカロリーが低いアイス第3位:レモンシャーベット

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
レモンシャーベット 129 201 259 92

 

続いてもフルーツ系のレモンシャーベットがランクイン。

 

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
1 1 42 0.1

 

マスクメロンと比べて脂質がグッと下がっているものの、代わりに炭水化物がグッと上がっています。

 

シャーベットですのでクリームをほとんど使用していないため脂質が下がっているものの、甘味を出すためにより大量の甘味料を使っている、と言ったところでしょう。

 




 

サーティワンでカロリーが低いアイス第2位:ベリーベーストロベリー

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
ベリーベリーストロベリー 126 199 253 90

 

続いてはイチゴフレーバーのベリーベリーストロベリー。

 

イチゴのピューレと果肉を使用しているため、その分ヘルシーになっています。

 

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
2 7 27 0.2

 

シャーベットではないので脂質は先ほどよりも多めですが、イチゴ果肉を使っている分糖質がグッと下がっています。

 

果物の果肉を使ったアイスは比較的ヘルシーになることがわかります。

 

 

サーティワンでカロリーが低いアイス第1位:オレンジソルベ

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
オレンジソルベ 109 170 219 78

 

低カロリーランキング第1位はオレンジソルベ。

 

ソルベとシャーベットは元々の語源は同じようですが、現在の使われ方としては少し異なるようです。

ソルベとシャーベットの違い

・ソルベ…フルーツの果汁やリキュールなどを凍らせて作ったもの

・シャーベット…果汁などに卵白や牛乳、ゼラチンなどを加えて作ったもの

参考:https://www.olive-hitomawashi.com/column/2020/01/post-8167.html

 

シャーベットと違って果汁を凍らせて作ったものですので、先ほどのレモンシャーベットよりもかなりカロリーが下げられています。

 

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
0 0 42 0.04

 

卵白やゼラチンが入っていない分、タンパク質と脂質も0gになっています。

 

食べ過ぎは禁物ですが、カロリーを気にする方にはオススメしたい一品です。

 

 

サーティワンの高カロリーTOP5の紹介

それでは続いて、カロリーの高いTOP5を見てみましょう。

 



サーティワンでカロリーが高いアイス第5位:ジャモカアーモンドファッジ

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
ジャモカアーモンドファッジ 168 264 336 120

 

先ほどジャモカコーヒーは低カロリーでランクインしましたが、こちらは高カロリー部門でランクイン。

 

チョコレートアイスが入っているのと、アーモンドの分のカロリーが加わっているので高カロリーになっています。

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
4 14 30 0.2

 

アーモンドなどのナッツ類はは良質ですが脂質も含まれているため、カロリーで考えると大幅にアップしてしまいます。

 

 

サーティワンでカロリーが高いアイス第4位:ナッツトゥユー

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
ナッツトゥユー 168 265 337 120

 

続いてもナッツ系のアイスがランクイン。

 

先ほどよりもナッツがメインのアイスで、5種類ものナッツが入っています。

 

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
4 15 24 0.3

 

やはりナッツが多い分脂質が多めです。

 

 

サーティワンでカロリーが高いアイス第1位:チョップドチョコレート

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
チョップドチョコレート 175 275 350 125

 

第1位はなんと3種類同立でのランクインとなりました。まずはこちらのチョップドチョコレート。

 

ベースのミルクチョコアイスに更にチョコレートチップをちりばめています。

 

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
5 16 30 0.3

 

チョコレートには脂質も糖質も含まれていますので、やはり脂質・炭水化物が多くなっています。

 

ちなみに同じくチョコチップを使用している「チョコレートミント」は242kcalですので、30kcal以上も差があります。

 

ベースがミルクチョコアイスであることもカロリーが高くなる原因になっているようです。

 




 

サーティワンでカロリーが高いアイス第1位:クッキーアンドクリーム

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
クッキーアンドクリーム 175 275 350 125

 

同立1位2種類目は、大人気のクッキーアンドクリーム。

 

ココアクッキーがかなり高カロリーのため、トータルも高カロリーになっています。

 

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
3 15 28 0.4

 

 

サーティワンでカロリーが高いアイス第1位:ロッキーロード

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
ロッキーロード® 175 275 350 125

 

最後は私も大好きなロッキーロード。

 

チョコレートアイスにナッツとマシュマロがトッピングされていて、食感の違いも楽しめるアイスです。

 

が、もちろんカロリーは高くなってしまいますよね…

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
5 14 35 0.3

 

恐らくマシュマロの分も相まってか、炭水化物がとても多いです。

 

 

番外編:ポッピングシャワー

メニュー エネルギー
(kcal)
スモール レギュラー キング ポップ
ポッピングシャワー 165 259 330 118

 

ランキングに入ってこなかったので、人気ナンバーワン「ポッピングシャワー」を紹介します。

 

ご存知の通りポッピングシャワーは口に入れるとパチパチ感を楽しむことができる特殊なアイスで、このパチパチ飴の分のカロリーがどうなるか、というところです。

 

ちなみにベースはミントとチョコ風味のアイスのため、パチパチだけでなくアイスとしてもとても美味しい一品です。

 

レギュラーサイズ1つあたり
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
(g)
4 14 31 0.2

 

やはり飴の砂糖の分炭水化物が多めです。

 

ちなみにカロリーで言うと高カロリーの第6位でかなりカロリー高めの方です。

 

パチパチと爽やか感もありますが決して低カロリーではありませんので注意しましょう。

 


このサイトを見る

 

まとめ:ダブルで注文するときはクリーム系+フルーツ系にすべし

カロリーが低めなのはフルーツ系、高めなのはチョコレートやナッツ系だと言うことがわかりました。

 

サーティワンではダブル(2個入り)の注文をすることが多いので、ダブルの場合には1つは低カロリーのものにすると良いでしょう。

 

他にも季節限定の商品など多く出ますので、今回の法則をもとに低カロリー・高カロリーを予想して注文するようにしてみてください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

 




-アイス, スイーツ, ダイエット, 飲食店のカロリー

Copyright© ほげりん日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。