ミスタードーナツのカロリー一覧!低・高カロリーTOP5を紹介




 

ドーナツ専門店といえばミスタードーナツさんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

いまだに期間限定で100円セールをやっていて、消費者に本当に優しいドーナツ屋さんです。

 

今回はそんなミスタードーナツの商品のカロリー一覧と、カロリーの高いメニュー・低いメニューTOP5を紹介します。

 

ダイエット中だけどドーナツが食べたくなってしまった方、カロリーを気にしている方などぜひご覧ください♪

 




 

ミスタードーナツの特徴

冒頭にも書いた通り、ミスタードーナツはお手頃価格で本格ドーナツが食べられるのが嬉しいポイントです。

 

ドーナツの種類も多く、日本にある定番ドーナツの先駆け的存在のお店です。

 

ミスタードーナツの商品のカロリーがわかれば、その他のドーナツを食べる時にも参考になることでしょう。

 

 

ミスタードーナツのカロリー一覧

それでは早速、ミスタードーナツの全商品のカロリー一覧を見てみましょう。

 

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
ポン・デ・リング 219 1.3 12 26.1 0.6
ポン・デ・黒糖 204 1.3 12.1 22 0.6
ポン・デ・ストロベリー 247 1.5 15.8 24.3 0.6
オールドファッション 293 3.3 18 28.5 0.8
チョコファッション 330 3.7 20.8 31.3 0.8
オールドファッション ハニー 355 3.4 18 44.4 0.8
フレンチクルーラー 154 1.5 10.1 14 0.3
エンゼルフレンチ 192 2.1 14.6 12.6 0.3
ストロベリー カスタードフレンチ 197 2.2 13.9 15.3 0.3
ハニーディップ 230 3.7 13 24.1 0.7
シュガーレイズド 221 3.7 13.1 21.5 0.7
チョコリング 268 4.2 17.3 23.3 0.7
ストロベリーリング 264 3.8 17 23.2 0.7
カスタードクリーム 216 3.7 11.4 24.3 0.4
エンゼルクリーム 204 3 12.5 19.5 0.4
チョコレート 239 3.2 13.3 26.3 0.5
ココナツチョコレート 259 3.4 15.9 25.8 0.5
ダブルチョコレート 265 3.6 16.8 24.3 0.5
ゴールデンチョコレート 269 3.4 13.9 32.2 0.5
セイボリーサンド・ドーナツ ハムタマゴ 256 6.9 16 20.6 1.4
セイボリーサンド・ドーナツ ハムツナ 260 6.9 16.7 20 1.3
セイボリーサンド・ドーナツ ハムグラタン 259 6.2 15.4 23.4 1.3
ハニーチュロ 216 3.7 11 25.3 0.5
ドーナツポップ
全6種類1個
エンゼルクリームボール 39 0.5 2.4 3.8 0.1
ポン・デ・ストロベリーボール 43 0.3 2.7 4.4 0.1
ゴールデンチョコレートボール 48 0.6 2.2 6.3 0.1
ココナツチョコレートボール 45 0.6 2.7 4.7 0.1
オールドファッションボール 56 0.6 3.8 4.8 0.1
チョコファッションボール 69 0.7 4.7 5.8 0.1
ホット・セイボリーパイ BBQフランクフルト 311 6.8 21.5 24.1 1.6
ホット・スイーツパイ りんご 264 3.4 13.5 32.5 0.5
トッピング・ホットトースト ツナメルト 422 7.6 32.1 25.6 1.7
トッピング・ホットトースト クロックムッシュ 225 8.6 8.3 29 1.5
クリームイン・マフィン ブルーベリーチーズ 310 5 17.5 33.1 0.6
クリームイン・マフィン バナナ 322 5.2 18.9 32.7 0.6
クリームイン・マフィン チーズ 308 6.2 18.9 28.1 1.1
ふかふか焼きドーナッツ プレーン [ミニサイズ] 2個入り ※1つあたり 108 0.8 4.5 15.9 0.3

出典・画像参照:ミスタードーナツ公式HP(https://www.misterdonut.jp/m_menu/donut/)

 

 

1つあたりおよそ200〜300kcalほどなのがわかります。

 

お茶碗一杯のご飯が300〜400kcalほどですので、ドーナツだからとパクパク食べすぎてしまうとカロリー 過多になってしまうので注意が必要です。

 


 

ミスタードーナツの低カロリーTOP5の紹介

それではこれらのドーナツの中からカロリーの低い・高いTOP5をそれぞれ見ていきましょう。

※対象は期間限定を除くドーナツのみとします

 

 

ミスタードーナツでカロリーが低いドーナツ第5位:エンゼルクリーム

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
エンゼルクリーム 204 3 12.5 19.5 0.4

 

まずは定番で大人気のエンゼルクリーム。

 

外側に砂糖がまぶされている上に中にはホイップクリームが入っているのでなかなか高カロリーそうな見た目ですが、何と低カロリー5位にランクイン。

 

中身がカスタードクリームの「カスタードクリーム」と比較すると、ホイップクリームの分エンゼルクリームの方が脂質が多いものの、カスタードクリームの方が砂糖を大量に使っていることがわかります。

 

カロリーだけで見ればエンゼルクリームの方が低いですが、脂質が低い分カスタードクリームの方が体に優しいとも言えます。

 

とは言えそこまで大きな差はないので、お好みで選ぶと良いでしょう。

 

 

ミスタードーナツでカロリーが低いドーナツ第5位:ポン・デ・黒糖

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
ポン・デ・黒糖 204 1.3 12.1 22 0.6

 

エンゼルクリームと同立で5位にランクインしたのがポン・デ・黒糖。

 

超人気商品「ポン・デ・リング」の黒糖味バージョンで、女性を中心に人気の商品です。

 

また黒糖は普通の砂糖よりもGI値が低く栄養価もあるので、数値よりも太りにくく体にも優しい商品です。

 

 

 

ミスタードーナツでカロリーが低いドーナツ第3位:ストロベリー カスタードフレンチ

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
ストロベリー カスタードフレンチ 197 2.2 13.9 15.3 0.3

 

第3位はこちらも定番フレンチシリーズから、ストロベリーカスタード。

 

これまでのドーナツと比較すると炭水化物が極端に少ないのがわかります。

 

同じイチゴ味の「ストロベリーリング」は一面にストロベリーコーティングがされているので炭水化物が逆に圧倒的に多いのがわかります。

 

フレンチシリーズの一部分にのみコーティングされているのが低カロリーの秘訣のようです。

 




 

ミスタードーナツでカロリーが低いドーナツ第2位:エンゼルフレンチ

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
エンゼルフレンチ 192 2.1 14.6 12.6 0.3

 

続いても同じくフレンチシリーズからエンゼルフレンチ。

 

ストロベリーとの違いはコーティングがチョコレートになっている他、中身のクリームがホイップクリームになっていることが挙げられます。

 

先ほどのエンゼルクリームのところで「ホイップ<カスタード」だとわかったので、同じ理論でエンゼルフレンチの方がカロリーが低くなっています。

 

ただしあまり差はないので、お好みで選べばいいかと思います。

 

 

ミスタードーナツでカロリーが低いドーナツ第1位:フレンチクルーラー

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
フレンチクルーラー 154 1.5 10.1 14 0.3

 

そして低カロリー部門映えある第1位に輝いたのはフレンチクルーラー。

 

フレンチシリーズが上位を独占という形になりました。

 

第2位と比較しても圧倒的に低カロリーですが、秘訣はやはりクリームを使用していないことでしょう。

 

クリームを使うことで脂質・糖質ともに大幅アップしてしまうので、クリームなしのフレンチクルーラーが1位になるのは必然です。

 

また生地自体も比較的ヘルシーなものなので、2位・3位とフレンチシリーズがランクインできたと思われます。

 

 

ミスタードーナツの高カロリーTOP5の紹介

続いては、カロリーが高い商品TOP5を見ていきます。

 




 

ミスタードーナツでカロリーが高いドーナツ第5位:チョコリング

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
チョコリング 268 4.2 17.3 23.3 0.7

 

第5位はチョコリング。

 

チョコレートをコーティングしている面積が大きいため、その分脂質・糖質が多くなっています。

 

カロリーを考える時には中身のクリームだけでなく、コーティング面積も考えることが大事です。

 

また味違いの「ストロベリーリング」は264kcalと若干ですが低カロリーです。

 

 

ミスタードーナツでカロリーが高いドーナツ第4位:ゴールデンチョコレート

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
ゴールデンチョコレート 269 3.4 13.9 32.2 0.5

 

先ほどのチョコリングとわずか1kcal差で4位にランクインしたのがゴールデンチョコレート。

 

高カロリーの原因は周りにまぶしてある黄色いクランチのようなもの。

 

このクランチは「砂糖、小麦粉、卵黄などを練りあわせて粒状にし、乾燥させたもの」とのことで、当然カロリーの元になります。

 

クランチのついていない「チョコレート」「ダブルチョコレート」はいくらか低カロリーですので、そちらを食べるようにしましょう。

 

 

ミスタードーナツでカロリーが高いドーナツ第3位:オールドファッション

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
オールドファッション 293 3.3 18 28.5 0.8

 

ここでランクインしてきたのがクラシックなど定番、オールドファッション。

 

ザクザクとした生地がクセになるドーナツで、コンビニなどでも販売されている超人気の商品です。

 

オールドファッションは生地だけなのでカロリーが低そうですが、脂質が圧倒的に多いことがわかります。

 

ザクザク食感を生み出すためにかなり揚げていると思われるので、オールドファッションシリーズは生地から高カロリーということになります。

 




 

ミスタードーナツでカロリーが高いドーナツ第2位:チョコファッション

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
チョコファッション 330 3.7 20.8 31.3 0.8

 

続いてもオールドファッションシリーズから、一部をチョコでコーティングしたチョコファッション。

 

コーティング自体の面積は少ないのですが、生地自体のカロリーが高すぎるのでかなりの高カロリーとなっています。

 

 

ミスタードーナツでカロリーが高いドーナツ第1位:オールドファッション ハニー

メニュー エネルギー
(kcal)
タンパク質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
食塩相当
g
オールドファッション ハニー 355 3.4 18 44.4 0.8

 

高カロリー1位はオールドファッションハニー。

 

ただでさえ高カロリーなオールドファッションの生地を、一面蜂蜜でコーティングしています。

 

蜂蜜自体は天然の甘味料ですので実はそこまで悪くないのですが、ここまで生地のカロリーが高いとオススメはできません。

 

ほぼお茶碗一杯と同じくらいのカロリーですので、おやつで食べる場合などはくれぐれも注意するようにしましょう。

 

このサイトを見る

 

 

まとめ:シリーズによりカロリーが大体わかる

今回調査してみて、低カロリーの上位3と高カロリーの上位3をそれぞれシリーズもので独占していることがわかりました。

 

低カロリー:フレンチシリーズ

高カロリー:オールドファッションシリーズ

 

カロリーを抑えたければ、フレンチシリーズの中から選ぶようにすると比較的ヘルシーなチョイスができます。

 

ただし、2つ食べればそれだけでお茶碗一杯以上のカロリーになりますので、うまく調整するようにしましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

 




-スイーツ, ダイエット, 飲食店のカロリー

Copyright© ほげりん日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。