バナナのカロリーは?バナナダイエットは理にかなったダイエット法




 

朝バナナダイエット って少し前によくテレビなどでも取り上げられていましたよね?

でも結局糖質制限が流行り出したことにより廃れていってしまいました…

 

そこで今回は、実際のところバナナはダイエット向きなのか、カロリーや栄養素はどのくらい含まれているのかを調べてみました。

バナナは栄養が満点でお手軽でエネルギーにもなるため、とても体に良い食べ物です。

 

私はバナナが大好きなのでダイエット関係なくよく食べています。

ぜひ最後までご覧ください♪

 

 

バナナにはどんな栄養素が含まれている?




 

バナナに含まれる栄養素、カロリーは下の表のようになっています。

 

エネルギー(kcal エネルギー(kJ)    たんぱく質    炭水化物 食物繊維総量   
単位 kcal/100 g kJ/100 g g/100 g g/100 g g/100 g g/100 g g/100 g g/100 g
バナナ 生    86 360 75.4 1.1 0.2 22.5 1.1 0.8
バナナ 乾    299 1251 14.3 3.8 0.4 78.5 7.0 3.0

出典:日本食品標準成分表

 

バナナは1本あたりおよそ100g前後ですので、この数値が1本あたりのおよその栄養素になります。

生の状態だと、炭水化物22.5g(糖質21.4g / 食物繊維1.1g)、タンパク質1.1g、86kcalとなっています。

 

甘いスイーツですので糖質はもちろん多めですが、タンパク質と食物繊維もそこそこ多めに摂れるのがバナナの魅力です。

 

 

バナナのカロリーは高い?

1本あたりのカロリーは86kcalとわかりましたが、これって一体どのくらいなのでしょうか?

 

参考までに、お茶碗一杯のご飯のカロリーは240kcal前後、6枚切りの食パン1枚のカロリーは160kcalとなっています。

そう考えると、バナナのカロリーは意外と低いと言えるかもしれません。

 

ただしカロリーが低いからといって普段の食事にプラスしてしまってはもちろん痩せません。

ポイント

ダイエット向き=食べれば痩せる、と言う意味ではないので、普段の食事の一部を削ってそれをバナナに置き換える、というのが重要です。

 

 

バナナの糖質の特徴は?ダイエット向きと言われる理由

バナナの糖質はほとんどが果糖なので、人体に吸収されるのが非常に早いという特徴があります。

摂取されてからおよそ30分〜1時間ほどでエネルギーになるので、活動前のタイミングで摂取するととても効率的です。

 

ポイント

バナナを摂るとオススメのタイミング

・朝食として

・運動・トレーニング前

・昼食後のおやつとして

 

バナナは糖質こそ多めですが、朝バナナダイエットは非常に理にかなったダイエット法であると言えます。

 

 

バナナは筋トレにもオススメ!



 ダイエットだけでなく、バナナはトレーニングをしている方にもオススメです。

 

トレーニングをしている方に不足しがちな食物繊維を摂取することができる上に、即効性のあるエネルギーを摂取できることからトレーニング前やおやつとして食べるのがオススメです。

 

加えてタンパク質も摂取できますので、手軽に食べられるおやつの中ではかなり理想的なものと言えます。

 

 

バナナを食べる時の注意点

ここまで朝食やおやつとしてオススメとお伝えしてきたバナナですが、いくつか注意点がありますのでお伝えします。

 

 

①バナナチップは高カロリーになるので要注意

これはバナナに限らずですが、ドライフルーツは水分が抜ける分、同じ重さで比べた時のカロリーがグンと上がります。

 

特にバナナの場合は乾かしたものを薄くチップにしているものが多く、砂糖やバターが追加で使われていることもありますので、さらに高カロリーになります。

 

なんとなくドライフルーツ系はヘルシーなイメージですが、想像以上に高カロリーなため食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

②夕食後のバナナは要注意

甘いものが食べたくなるタイミングとして食事の後があります。

昼食の後であればおやつのタイミングですのであまり問題ありませんが、夕食後にバナナを食べてしまうと時間によっては寝る直前になってしまうこともあると思います。

 

寝る直前数時間に固形物を摂ると体内に蓄積されたままになってしまい太る原因になってしまいますので、遅い時間になる場合には夕食後のバナナは避けたほうが良いです。

 

 

③バナナを使ったスイーツには注意

言うまでもないですが、いくらダイエット向きだからと言って食べすぎたら簡単に太ります。

 

特にバナナはパフェやクレープなどのスイーツに利用されることが多いですが、バナナが入っているからと言ってそれらがヘルシーなわけではないので注意しましょう。

 

もしパフェなどを食べる場合には、なるべくクリームが少なくてフルーツがふんだんに使われているものがオススメです。

 

 

まとめ:バナナはダイエットにとてもオススメできる




 

今回の調査を通して、バナナはとても栄養豊富でダイエットにむいている食品だと言うことがわかりました。

 

ダイエットに向いている=食べれば痩せるわけではないので、しっかりと理解をした上で食事の管理をしていきましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

あわせて読みたい
【ダイエット】健康に痩せたければ糖質より脂質を意識した食事を

続きを見る

-カロリー調査, ダイエット

Copyright© ほげりん日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。