【旅行】銀山温泉では大正時代の時の流れに癒されることができます

『日々の疲れを癒しに旅行に行きたい…』

『昔ながらの日本に触れ合えるところに行ってみたい!』

 

あなたが旅行に求めているものは何ですか?

『リゾートで思いっきり遊びたい!』

『美味しいグルメを食べまくりたい!』

 

旅の目的は様々ですが、時には癒しを求めて旅に出ることもあるでしょう。

日本であれば温泉や静かな風景には、誰もが懐かしさを感じるはずです。

 

そんなあなたに、山形県にある「銀山温泉」を紹介します。

銀山温泉は、日本古来の風景が有名な温泉街です。

その風景にはだれしもが懐かしさを感じ、心が癒されます。

 

この記事ではそんな銀山温泉の魅力をたっぷりと紹介します。

 

この記事の内容
  • 銀山温泉ってどんなところ?
  • 銀山温泉で大正の世界を体験してみる
  • 銀山温泉にある素敵な宿を一挙紹介!
  • せっかく銀山温泉へ行くなら足湯付きの「とれいゆつばさ」がオススメ
旅行の記事一覧

 

銀山温泉は非日常を味わえるため、大変人気が高まっています。

しかし秘境にあり小さな温泉地のため、予約は早く埋まってしまいやすいです。

早めのご予約がオススメですよ!

 

星野リゾート特集 びゅうトラベル

 

銀山温泉ってどんなところ?

こんな写真を見たことないでしょうか?

冬が近づいてくると、JRの駅にこの風景が貼り出されます。

誰しもが目を引かれそうな、大正時代の風景をそのまま残した非常にノスタルジックで美しい温泉街です。

 

アクセス

お車で
● 東北自動車道/古川IC → (国道47号線) → 鳴子 → 赤倉 → 山刀代峠 → 尾花沢 → (国道347号線) → 銀山温泉
● 東北自動車道/村田JCT → 山形北IC → (国道13号線) → 尾花沢 → (国道347号線) → 銀山温泉
● 東北自動車道/仙台宮城IC → 関山峠 → 東根 → (国道13号線) → 尾花沢 → (国道347号線) → 銀山温泉
JR で
● 山形新幹線利用/山形 → 奥羽本線急行で40分 → 大石田バスで15分 → 尾花沢のりかえ40分
→ 銀山温泉
● 東北新幹線利用/仙台 → 特急バス(新庄行)で約2時間 → 尾花沢のりかえ → バスで40分 → 銀山温泉

 

銀山温泉は山形県の尾花沢市にあります。

電車でも最寄り駅からかなり離れているため、電車+バスか車で行くことになります。

ただし雪深い地域になりますので、電車+バスで行くのが最も安全で確実です。

 

バスはJRの大石田駅から「はながさバス」という直通バスが出ています。

はながさバス時刻表はこちら

 

銀山温泉には何があるの?

 

銀山温泉街は中央を流れる川(銀山川)に沿って両側に温泉宿が立ち並んでいます。

後ほど紹介しますが宿は全部で12あり、どこも情緒あるとても素敵な旅館です。

 

 

旅館街を抜けたところには「白銀公園」という公園があり、入り口からゆっくり歩いても10分ほどとそこまで広くはありません。

白銀公園の山を登ったところに銀鉱の洞窟があり、そこを目的地とするちょっとしたハイキングコースがあります。

宿泊者の多くがハイキングで一汗かいた後、温泉を満喫します。

 

 

温泉街の入り口にちょっとしたお土産屋さんと所々にカフェやお茶屋さんがあります。

しかし、コンビニなどはなくもちろんATMもないので、お金は準備してから行くようにしましょう。

 

 

 

銀山温泉で大正の世界を体験してみる

銀山温泉を最大限楽しむには、自分もその世界観に浸ってみることです。

大正の世界観に浸るオススメの方法を二つ紹介します。

 

着物をレンタルする

銀山温泉では、着物をレンタルすることができます。

 

温泉街の入り口にある貸衣装屋さんの「カフェ・アイラスゲーナ」で借りることができます。

 

少し恥ずかしい感じもしますが、意外に多くの人が着物で歩いています。

着物が無くても宿泊者の多くは浴衣で歩いているので、思い切って着物をレンタルしてみるのがオススメです。

 

男性用は在庫が少ないのか夕方だと在庫切れの可能性もあるので、早めに行くことをオススメします

 

写真を加工して大正風にしてみる

せっかく銀山温泉に来ているので、大正風の町並みを背景に昔風の写真を撮ってみると面白いです。

着物を着て撮ると、よりリアルな感じが出て盛り上がります!

 

この写真が

アプリを使って加工するとこんな感じになります。

銀山温泉にある素敵な宿を一挙紹介!

温泉街自体は小さな銀山温泉ですが、そこにある旅館はどこも歴史があり素敵です。

全部で12しかないので、今回は全旅館を一挙に紹介させていただきます。

 

銀山荘

仙峡の宿 銀山荘
〒999-4333 山形県尾花沢市大字銀山新畑85
電話:0237-28-2322(代表) FAX:0237-28-2959

公式HP:https://www.ginzanso.jp/

 

銀山温泉の中でも随一の規模を誇っているのが「銀山荘」さん。

他の宿と若干離れて、白銀橋よりもバス停側に建っています。

坂道を登った上にあるので館内からは、豊かな自然や銀山川を見下ろすことができます。

 

 

レトロな雰囲気の銀山温泉の中でも一際モダンな雰囲気で、広い露天風呂が人気です。

他の宿にはここまで開放的な露天風呂はありませんので、少し離れた位置にある銀山荘ならではのメリットです。

レトロな銀山温泉に来て、宿だけはモダンでおしゃれなところに泊まりたい方にオススメの宿です。

 

 

古勢起屋別館

銀山温泉 古勢起屋別館
〒999-4333 山形県尾花沢市銀山温泉417
電話:0237-28-2322(代表) FAX:0237-28-2959

公式HP:https://www.kosekiya.jp/

 

銀山荘の姉妹旅館にあたるのが、温泉街の中心に位置する「古勢起屋別館」さん。

姉妹旅館ではありますが建物としての歴史は古勢起屋の方が古く、まさに大正ロマンと言ったようなレトロな雰囲気が人気です。

 

そんな古勢起屋別館の売りは、銀山荘の温泉を無料で利用できるところです。

『銀山温泉に来たからには大正ロマン溢れる宿に泊まりたいけど、露天風呂にも浸かりたい!』という方にはぜひオススメです。

能登屋旅館

能登屋旅館
山形県尾花沢市大字銀山新畑446
TEL.0237-28-2327 FAX.0237-28-2177

公式HP:http://www.notoyaryokan.com/

 

銀山温泉の象徴的な建物で、国の登録文化財にも指定されている「能登屋旅館」さん。

本館と別館があり少し趣の異なるお部屋となっています。

 

 

館内は大正、外に出れば令和というまさに時の流れを行き来できるかのような雰囲気が魅力的で、銀山温泉に来たのなら泊まってみたい宿の一つです。

 

 

温泉は意外にもモダンな雰囲気で、女性でも安心して入ることができます。

 

※予約は公式サイトからのみとなっています

公式サイトで予約する

 

旅館 永澤平八

銀山温泉 旅館 永澤平八
〒999-4333
山形県尾花沢市大字銀山新畑445
TEL 0237-28-2137
FAX 0237-28-2138

公式HP:http://www.ginzanonsen.jp/nagasawa/index.html

 

大正ロマンを体現したような立派な趣の「永澤平八」さん。

場所も温泉街の真ん中にあり、適度にレトロとロマンが融合した館内の雰囲気は居心地の良さを感じさせてくれます。

 

 

お食事は地元の旬な食材を使用した和食膳で、新鮮な川魚のお刺身なども時期によってはいただくことができます。

 

レトロとモダンの両方をじっくり味わいたい方にオススメです。

 

 

御宿 やなだ屋

御宿 やなだ屋
〒999-4333 山形県尾花沢大字銀山新畑418
TEL:0237-28-2030

公式HP:http://www.ginzanonsen.jp/yanadaya/index.html

 

やなだ屋さんは客室4室のみの隠れ家的旅館です。

 

 

なかなか予約が取れないものの、思い出に残る記念日の旅行などにはオススメです。

またお食事が美味しいことで有名で、一品ずつ運ばれてくるおもてなしのお料理は思い出を素敵に彩ってくれます。

 

 

昭和館

銀山温泉 大正浪漫に浸る宿 昭和館
〒999-4333 山形県尾花沢市銀山温泉
TEL:0237-28-2151

公式HP:http://www.shouwakan.net/

 

「大正ロマン」がキーワードの銀山温泉において、「昭和館」さんのテーマは昭和レトロ。

 

 

特に人気なのは6階にある展望露天風呂で、銀山の町並みを見渡すことができます。

 

 

銀山の町並みを上から見下ろすことができる場所はなかなかないので、露天風呂に浸かりながらの眺めは最高そのものです。

 

※ご予約はじゃらんから可能です。

 

伝統の宿 古山閣 / オーベルジュ新館「クラノバ」

〒999-4333
山形県尾花沢市銀山温泉423
TEL:0237-28-2039

公式HP:http://www.kozankaku.com/welcome.php

 

2017年に新館もオープンさせた「古山閣」さん。

こちらは大正ロマン漂う本館の方で、館内の雰囲気は銀山一と言ってもいいほど情緒が漂っています。

 

 

他にも3階の貸切露天風呂、旬の地元食材を活かした懐石料理が人気で、レトロながらも優雅なひと時を過ごすことができます。

 

 

また新館「クラノバ」は2017年にオープンした、銀山温泉の中では非常に新しい建物です。

特徴はなんと言っても山形地元の食材を使った本格イタリアン

東京で修行をした旦那さんが作る本格イタリアンは、他の宿では味わうことができません。

 

 

もちろんレストランも客室も非常にモダンな雰囲気で、町並みとのギャップを楽しむことができます。

 

 

 

瀧見舘

滝と蕎麦の宿 瀧見舘
〒999-4333 山形県尾花沢市銀山新畑中山522
TEL:0237-28-2164
FAX:0237-28-2528

公式HP:http://www.takimikan.jp/

 

銀山温泉の中で最も奥に位置している「瀧見舘」さん。

名前の通りお蕎麦屋さんも営業しており、またその客室からは白銀の滝を望むことができます。

 

 

開放的な露天風呂からの眺めも四季でそれぞれ異なるのでいつの季節に行っても美しいです。

またこの瀧見舘さんの名物が美味しい食事でして、ステーキの食べ比べやお蕎麦が楽しめるプランが人気です。

 

 

中心街から少し外れた場所にひっそりと滞在して、美味しい食事と美しい景色を楽しみたい方にはオススメです。

 

 

旅館松本

銀山温泉 旅館松本
〒999-4333
山形県 尾花沢市 銀山温泉

公式HP:http://www.ginzan-matsumoto.com/

 

旅館松本さんは、温泉街の真ん中にある非常に落ち着く雰囲気のある旅館。

客室・温泉も豪華すぎず質素すぎず、建物もレトロすぎずモダンすぎずの非常になじみやすい雰囲気のお宿です。

 

 

落ち着いた雰囲気でゆっくりといただけるお酒が人気で、オリジナルブランドの地酒「仁左衛門」をいただくことができます。

 

 

ゆっくりと落ち着いた空間で、美味しい料理とお酒をいただきたい方にオススメです。

 

 

旅籠 いとうや

山形・銀山温泉 旅籠いとうや
〒999-4333 山形県尾花沢市銀山温泉447
TEL:0237-28-2025 / FAX:0237-28-2395

公式HP:http://hatago-itouya.com/

 

「いとうや」さんは4室限定の小さな旅館。

その理由はご家族で経営されていて丁寧なおもてなしを大切にされているためです。

温かい家庭にいるかのようなおもてなしを感じることができます。

 

 

銀山温泉全てで言えることですがお料理がどこも本当に美味しくて、お肉もお魚も絶品です。

 

 

ご家族経営ならではの温かいおもてなしに心安らげたい方にはオススメです。

 

 

藤屋

銀山温泉 藤屋
〒999-4333 山形県尾花沢市大字銀山新畑443
TEL:0237-28-2141 / FAX:0237-28-2140

公式HP:http://www.fujiya-ginzan.com/

 

レトロな町並みの銀山温泉において一際異彩の存在感を放っている「藤屋」さん。

操業は江戸時代ですが2006年に建築家の隈研吾氏によってリノベーションがなされ、非常にスタイリッシュな旅館へと生まれ変わりました。

 

 

また温泉は5つの貸切風呂からなっていて、洗練された雰囲気を味わうことができます。

 

 

価格帯もやや高めになりますが、記念日のご旅行などにオススメの旅館です。

 

 

せっかく銀山温泉へ行くなら足湯付きの「とれいゆつばさ」がオススメ

銀山温泉に電車で行くのであれば、ぜひ足湯付きの列車「とれいゆつばさに乗ってみてください。

 

とれいゆつばさって?

 

とれいゆつばさとは、福島〜新庄間を走行している足湯付きのリゾート型新幹線です。

銀山温泉行きのバスが出ている大石田にも停まるので、銀山温泉に行く際に利用できます。

新幹線の中から温泉モードに入ることができて非常にオススメです。

 

東京からの行程例

東京---<やまびこ>---福島---<とれいゆつばさ>---大石田---<はながさバス>---銀山温泉

 

足湯の他にもラウンジ車両や、お弁当・ドリンクの提供があります。

「乗ること自体が旅になる」をコンセプトにしていて、お子様も楽しめます!

 

 

足湯以外にも楽しめるポイントがたくさんです

足湯は1グループあたり15分程度の時間制で、順番が回ってきたら移動して浸かるイメージです。

足湯後はラウンジで寛ぐもよし、席に戻ってお弁当をいただくも良しです。

 

 

ラウンジに行かずとも、お弁当と一緒にドリンクがついてくるのでそれで十分かもしれません。

アルコールも、山形ご当地ジュースの山形代表も選べます。

 

せっかくの旅行、移動時間も思い出にできるのであればより最高の旅になりますね!

とれいゆつばさのご予約はえきねっとびゅうののってたのしい列車旅からできます。

 

 

まとめ:銀山温泉ではひたすら体を癒すことができます

日々の疲れがたまってはいませんか?

昔ながらの景色を見て『懐かしいなあ』と感じたら、それは心が癒しを求めている証拠です。

 

銀山温泉では、そんな懐かしい景色と最高の温泉で、心も体も癒す事ができます。

最高の癒しが欲しい方、忙しい日々を忘れて非日常の中に逃げ込みたい方には是非オススメです。

 

小さな温泉街ですので、ご予約の際にはお早目にされてください。

近くにビジネスホテルなども当然ないので、早い者勝ちでこの絶景を味わうことができます。

 

旅行の記事一覧

 

出典・画像参照

銀山温泉公式HP:http://www.ginzanonsen.jp/
カフェ・アイラスゲーナ公式HP:https://www.ginzanso.jp/I_rasgayna/index.php
尾花沢市公式HP:http://www.city.obanazawa.yamagata.jp/2087.html
銀山荘公式HP:https://www.ginzanso.jp/
古勢起屋別館公式HP:https://www.kosekiya.jp/
藤屋公式HP:http://www.fujiya-ginzan.com/




-山形, 旅行, 東北

Copyright© ほげりん日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。