ブルーシールのカロリー一覧!想像以上にヘルシーアイスだった!




 

「BLUE SEAL」というアイスクリーム屋さんをご存知ですか?

 

沖縄発祥のアイスクリーム専門店で、米軍基地の方などにも人気の大人気のお店です。

 

以前に「サーティワンのカロリー一覧!低カロリー・高カロリーTOP5の紹介」で紹介したサーティワンと同じお店の形態ですが、アメリカ人向けに甘さがもっと強いような印象です。

 

そんなブルーシールのアイスクリームのカロリー一覧と、低カロリー・高カロリーのTOP5を紹介します。

飲食店情報の記事一覧

 

出典・画像参照:BLUE SEAL公式HP(https://www.blueseal.co.jp)

 




 

ブルーシールの特徴

ブルーシールはサーティワンと並んでアイスクリーム界の二大巨塔です。

 

都内や関東を中心に多くの店舗を構えるサーティワンに対し、ブルーシールは沖縄を中心に店舗を広げています。

 

特に米軍の方に大人気で、都内の福生にあるブルーシールの直営店に行った際にも横手基地の米軍の方が多くいらっしゃいました。

 

アメリカの方向けとなると甘さが強いようなイメージで実際に食べてみてもそのように感じましたが、実際のところカロリーにはどのように影響してくるのでしょうか?

 

 

ブルーシールアイスのカロリー一覧

ブルーシールには約30種類ものフレーバーがあります。

 

100gあたりのカロリーが公開されていますが、レギュラーのサイズは1つ110gほどとのことですので110gあたりのカロリーも併記しています。

 

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
コーヒーアフォガート 176 193
抹茶 205 225
パッションフルーツソルベ 127 139
ティラミス 206 226
トロピカルマーブル 127 139
バニラ 201 221
チョコレート 196 215
ストロベリー 197 216
サンフランシスコミントチョコ 228 250
バニラ&クッキー 227 249
ネオポリタン 192 211
マンゴタンゴ 168 184
ストロベリーチーズケーキ 207 227
バナナスザンナ 205 225
チョコチップ 233 256
ココナッツ 213 234
アーモンドピスタチオ 215 236
ショコラクッキースワール 199 218
ブルーウェーブ 164 180
マンゴー 124 136
シークヮーサーシャーベット 129 141
ウベ 202 222
紅イモ 197 216
サトウキビ 195 214
塩ちんすこう 230 253
琉球ロイヤルミルクティー 194 213
沖縄田芋チーズケーキ 198 217
パインソルベ 133 146

 

サーティワンの記事と比較していただけるとわかりますが、レギュラー1つあたりのカロリーはブルーシールの方がむしろ低いです。

 

想像以上にヘルシーで驚きましたが、この中から低・高カロリーTOP5を発表していきます。

 


このサイトを見る

 

ブルーシールの低カロリーTOP5の紹介

アイスはフルーツ系のフレーバーが低カロリーというのが鉄板ですが、沖縄ということもありフルーツ系はバリエーション豊富です。

アイスの記事一覧

 

フルーツ系のどのフレーバーがランクインするのか、あるいは別のフレーバーになるのか、予想しながら見てみてください。

 

 

ブルーシールでカロリーが低いアイス第5位:パインソルベ

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
パインソルベ 133 146

 

予想通りフルーツ系のフレーバーがランクインしてきました。

 

「ソルベ」とは果汁を凍らせて作ったもので、果汁をゼラチンや砂糖で凍らせた「シャーベット」よりもはるかにヘルシーです。

 

 

ブルーシールでカロリーが低いアイス第4位:シークヮーサーシャーベット

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
シークヮーサーシャーベット 129 141

 

続いてはシークヮーサーシャーベット。

 

先ほどはソルベの方がヘルシーとお伝えしましたが、これはパインの方がシークヮーサーよりも糖分が多いからです。

 

シークヮーサーは沖縄の名産品でもありますので、ブルーシールに行ったらぜひ食べたい一品です。

 

 

ブルーシールでカロリーが低いアイス第3位:トロピカルマーブル

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
トロピカルマーブル 127 139

 

第3位にはトロピカルマーブルがランクイン。

 

色は少し毒々しいですが、バナナ・キウイ・ブラッドオレンジの3種のフルーツを使用したフレーバーです。

 

見た目よりもスッキリしていますので、勇気を持って頼んでみてください。

 




 

ブルーシールでカロリーが低いアイス第2位:パッションフルーツソルベ

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
パッションフルーツソルベ 127 139

 

第2位にはパッションフルーツソルベ。

 

黒く見えるのはパッションフルーツの種で、果汁・果肉・種の全てを使用したとてもヘルシーなフレーバーです。

 

 

ブルーシールでカロリーが低いアイス第1位:マンゴー

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
マンゴー 124 136

 

第1位はマンゴー。

 

名前には入っていませんがこちらもソルベで、TOP5中4つのフレーバーがソルベという結果になりました。

 

以前に紹介しましたが市販のスーパーカップで1つ約300kcalですので、かなりの低カロリーであることがわかります。

 

 

ブルーシールの高カロリーTOP5の紹介

低カロリー部門が想像以上に高レベルだったため、高カロリーの方も期待していきましょう。

 

これまでの傾向だとナッツ系・チョコチップ系のカロリーが高めですが、果たしてどうなるのでしょうか。

 


このサイトを見る

 

ブルーシールでカロリーが高いアイス第5位:アーモンドピスタチオ

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
アーモンドピスタチオ 215 236

 

早速ランクインしてきました、アーモンドピスタチオ。

 

アーモンドはもちろんですがピスタチオもナッツですので、相乗的にカロリーが高くなっています。

 

彩も鮮やかで女性にも人気とのことですが、意外に高カロリーなので気をつけましょう。

 

 

ブルーシールでカロリーが高いアイス第4位:バニラ&クッキー

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
バニラ&クッキー 227 249

 

続いても予想通り、バニラ&クッキー。

 

当然ですが、チョコチップやクッキーなどアイスにプラス何かが入っているものはその分カロリーが高くなります。

 

 

ブルーシールでカロリーが高いアイス第3位:サンフランシスコミントチョコ

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
サンフランシスコミントチョコ 228 250

 

続いてはチョコミント。

 

ミントのアイスにチョコチップをトッピングしているので、やはり高カロリーです。

 




 

ブルーシールでカロリーが高いアイス第2位:塩ちんすこう

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
塩ちんすこう 230 253

 

第2位はちょっと意外な塩ちんすこう。

 

ちんすこうといえば沖縄名物のお菓子で、言うなればクッキーのようなものです。

 

そのちんすこうが入っているアイスですので、やはり高カロリーになっています。

 

 

ブルーシールでカロリーが高いアイス第1位:チョコチップ

フレーバー エネルギー
(kcal/100g)
エネルギー
(kcal/110g)
チョコチップ 233 256

 

第1位にはチョコチップが輝きました。

 

やはりアイス+αの組合せが高カロリーになるということで間違いないようです。

 



 

まとめ:ブルーシールは全体的にとても低カロリー

ブルーシールは甘さが強いのでカロリーが高そうなイメージでしたが、逆に全体的にかなり低カロリーだということがわかりました。

 

沖縄のお店でフルーツ系もとても美味しいので、カロリーを気にしている方はフルーツ系のフレーバーを頼むようにしましょう。

 

コンビニアイスよりもヘルシーですので、暑い夏にはオススメです♪

飲食店情報の記事一覧

 




-アイス, スイーツ, ダイエット, 飲食店のカロリー

Copyright© ほげりん日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。