お酒を飲むと筋肉が落ちるのは嘘?アルコールとタンパク質の関係




 

お酒ってご飯を美味しくする最高の調味料ですよね。

 

特に金曜日や土曜日の夜に翌日を気にすることなく飲むお酒は本当に最高です。

 

ただそんなお酒も、ダイエットや筋トレに励む人にとっては心配の種にもなってきます。

こんな方におすすめ

  • お酒が大好きなんだけど、筋トレやダイエットに影響がないのか心配
  • 筋トレにお酒は良くないと聞いたが、正しい情報を知りたい

 

正しい情報を知っていれば、安心してお酒もダイエット・トレーニングも楽しむことができますよ。

ぜひ最後までご覧ください♪

 

 

お酒を飲むと筋肉が落ちる?

都市伝説的に、「お酒を飲むと筋肉が落ちる」と聞いたことはありませんか?

まずはこの謎についてお話しさせていただきます。

 

 

結論から言うと、お酒を飲んで筋肉が落ちると言うことはありません

 

ではなぜこのような都市伝説的噂が広まったのか、筆者なりにいくつか推測をしてみました。

 

考えられる理由

①お酒を飲むと太る可能性が高くなるので、相対的に筋肉が落ちたように感じる

⇒お酒を何も考えずに飲んでしまうと、ついついカロリーを取りすぎて太ってしまう方が多いです。

太ると体の筋肉のラインが見えづらくなるので、筋肉が落ちたと感じてしまってもおかしくありません。

あわせて読みたい
居酒屋でもダイエット|ヘルシーなお酒とおつまみを紹介

続きを見る

 

②お酒を飲むとタンパク質を分解できなくなるので、筋肉がつきにくくなる

⇒お酒を飲んだ日は筋肉の元となるタンパク質がしっかりと吸収されにくくなるので、トレーニングなどの効果が出にくくなります。

 

この、「お酒を飲むとタンパク質を吸収しにくくなる」と言う点についてもう少し詳しくお話しします。

 

 

お酒を飲むとタンパク質が吸収されない?

タンパク質ってどこで分解・吸収されるか知っていますか?

 

答えは肝臓です。

そして肝臓は、アルコールを分解するところとしても有名ですよね。

 




 

アルコールとタンパク質を同時に摂ると、肝臓はアルコールから分解しようとします。

それにより、せっかく摂ったタンパク質が十分に分解されないまま体内に吸収されてしまいます。

 

トレーニングをしている人は、特にトレーニングをした日はプロテインなどでいつもよりタンパク質を多く摂ると思いますので、少なくともトレーニングをする日にお酒は飲まない方がいいでしょう

 

 

まとめ

今回は、「筋トレをすると筋肉が落ちる」と言う都市伝説についてお話をさせていただきました。

 

結論、お酒で筋肉が落ちることはありませんが、少なくともトレーニングをする日にはお酒は控えることをオススメします。

あとは飲み過ぎも太ってしまうので注意が必要ですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

あわせて読みたい
ポッコリお腹を解消したい!考えられる原因と対策を紹介

続きを見る


-カロリー調査, ダイエット, トレーニング

Copyright© ほげりん日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。